オーガニックや有機野菜宅配サービスをお得に活用しよう

>

交際費が少なくなった分を食費にまわすと考える

オーガニック(有機)野菜とは何か

オーガニック(有機)野菜とは、化学肥料や農薬を一切使わない(もしくは微量)で、有機栽培という方法で作られた野菜のことを指します。
反対に、化学肥料や農薬が使われた栽培方法を慣行栽培と言います。
慣行栽培では、いかに多くの野菜を育てるか、ということに重点をおいていますが、有機栽培においては、土壌を豊かにさせるということに重点をおいています。
有機栽培において使われている肥料は、米ぬかや油かすなどの生物由来のものしか使われていません。そしてそういった自然の肥料は、その割合も難しく、野菜を育てるのにはかなりの手間暇がかかります。
その代わり、育て上げられれば天然100%の野菜が出来るので、安心安全と言えます。
決して普通の野菜が劣っているというわけではありませんが、天然と人工のものでは、やはり天然の方が値段も高くなるというわけです。

オーガニック(有機)野菜のメリットとは

オーガニック(有機)野菜のメリットは、安全性の高い野菜であるということが第一に挙げられます。
だからといって、有機野菜以外の野菜が危険というわけではなく、あくまで安全性が高いということです。
特に小さなお子さんがいらっしゃるご家庭では、野菜についている残留農薬が気になり、かなり念入りに水洗いしてから使用されるという所も多いのではないでしょうか。
しかしそうなると、皮に栄養が詰まっている野菜などはその栄養までも洗い流してしまうことになるので、中々難しいところではあると思います。
その点有機野菜であれば農薬の心配をそこまでしなくても良いので、軽く水洗いする程度で食べられます。
人参を皮ごとすりおろして離乳食にしたり、大根や人参などの皮を使ってもう一品料理が出来るなど、有機野菜には無駄なところが一切出ません。
ゴミを減らすという観点からも、有機野菜にはメリットがたくさんあると言えます。


この記事をシェアする
TOPへ戻る